スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年07月08日

映画の仕事とは言うものの。

映画に携わる仕事とは言うものの、
実際にしていることって、一般の商品を売るのと
大差ないような気が…。
強いて言えば、映画は形の無い商品ということでしょうか。

僕たちは映画の製作もするんですが、
それは僕たちの仕事のほんの一部でしかないんです。
実際にカメラを回す時間なんて、ちょこっとだけで、
その段取りの時間のほうが、はるかに長い…。
編集も長くて数ヶ月。
映画の仕事の全過程から見れば「製作」の占める
割り合いは、かなり低いです。極端な話、2〜3割くらいです。

では、あとは何をしているのか。
ズバリ「配給」と呼ばれる営業活動です。
僕たちはこれを「映画を観客に届ける」と形容しています。
そして、ほとんどの時間を、これに充てています。
短くても2年、長ければ5年くらい、一つの作品に取り組みます。
世の中の工業製品などと同じように、
広く宣伝して、観客の皆様に観てもらえるような工夫をする。
形の無い商品なので、チラシとポスター、予告篇が命。
あとは、こまめに試写会を重ねて、口コミを狙う。
映画館で上映するようなメジャー作品ではないので、
地道に全国を回って、自主上映の主催者を募る。

このように「映画を如何に観てもらうか」という一点に、
ほとんどの時間と労力を投入しています。
はっきり言って「地味」以外の何ものでもなく、
だからと言ってやらないと映画は死んでしまいます。
上映して観客に届けるのが最低限の仕事で、
更なるヒットを狙って、次の作品の製作にまで
結び付けるために考え抜いて行動する。
僕は、まだまだ上手くこなせていませんが…。

ちょっと複雑なことを書いて頭がこんがらがって
きました。続きは次回に。
題名を決めて、それからはみ出さないように書かないと、
伝えるのって難しいですね。では。  


Posted by サッケンロー at 18:33Comments(0)営業日誌

2008年07月08日

ディスプレイが…。


はぁ…。ディスプレイが故障しました。これで3回目ガーン
ただいま修理の見積りのため、ディスプレイは電器屋さんへ。
仕方なく、編集用のテレビを代わりに使ってます。
何とも間の抜けた感じですタラーッ

もう4年経ったから、そろそろ変え時なのかなぁ。  


Posted by サッケンロー at 11:21Comments(0)もろもろのこと

2008年07月08日

カニさん!?

みやざき産直市場の中にカニさんが!?

びっくりしたぁ。不鮮明な写真ですが、
クモではなく、確実に横歩きのカニさんでした!
どこから来て、どこに行ったんだろう…。
  


Posted by サッケンロー at 10:02Comments(0)