スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年07月09日

「映画ファン」の発掘。

やはり、映画をスクリーンで観る人口を
増やすための活動が急務だと感じています。

果たして、自分に出来ているのか…。自問自答の日々…。

面白い記事を発見しましたので、まずはご一読を↓
「日本映画、崩壊」映画ジャーナリスト/斉藤守彦

シネコンの増加でスクリーン数は増えているのに、
映画人口が爆発的に増えているわけではないという現実。
単に興味があるテーマの映画の上映会にだけ
足を運んでもらうだけでは、その観客にとって
映画は一過性のイベントに過ぎません。
もちろん、そのような観客の方も無視してはならないのですが、
それだけではなく、いわゆる定期的にわざわざ会場まで
足を運んでくださる「映画ファン」を如何に獲得していくか。
これが今後の大きな課題になってくると思います。

これは、取りも直さず、
「僕たち配給者がそのような機会を観客に提供できるのか。」
にかかっているのです。まどろっこしい言い方ですが、
「映画という非日常を味わうことが、日常になる」とでも言いましょうか。
良い映画を上映して観てもらう機会を提供するのは当たり前で、
その先の「固定ファン」と呼ばれる定期的に映画を
スクリーンで観てもらえる観客を見つけて、一緒に成長して、
つなぎ止めて、更にどうやって受け継いでいくか。

かなり気の長い作業になると思いますが、
このままだと、映画は家でゆったりと大画面テレビで観るもの
という価値観が進行していくばかりです。
「便利なんだから、いいんじゃん!」
という声が聞こえてきそうですが、
「そうじゃない、映画だってライブな媒体なんだ!」って
ことを、少しずつ伝えていくしかありません。
やはり、同じ映画を同じ場所で同じ時間を共有するという
行為そのものに、何か意味があるような気がするんです。
上手く説明できませんが…。  


Posted by サッケンロー at 19:28Comments(4)営業日誌

2008年07月09日

各種、調味料なんかも。



今日は、パッと「みやざき産直市場」店内の全体像カメラ
【映画製作・配給 m20】に併設する形で、
【みやざき産直市場】もあって、お互い協力関係で営業しております。

と言っても、他に映すところはあまりないですけど…。
野菜だけじゃないってのを、ちょっとアピール。

簡単に調理できるものや、醤油やみりん、砂糖に塩、お茶やコーヒー、
1日1品くらいのペースで、商品紹介していきますチョキ  


Posted by サッケンロー at 10:56Comments(3)

2008年07月09日

事務所のマドンナ。

事務所のマドンナ【クゥちゃん】です

何もせず寝てばかりいるのに、スタッフにちやほやされる。
挙げ句の果てには、招き猫とまで称されて、
お客さんにまで可愛がられる。

不公平感を感じながらも、気が付いたら
ついつい撫でてしまう自分がいます…
  


Posted by サッケンロー at 10:19Comments(0)もろもろのこと